トップページ
トップページ
 
 
今日の緑丘
今日の緑丘
 学校基本情報
学校基本情報
 学習
学習
 進路情報
進路情報
 行事予定
カレンダー
 部活動
部活動
 学年から
学年から
 事務室から
事務室から
 学校評価
学校評価
 フォトアルバム
フォトアルバム
 緑丘トピックス
緑丘トピックス
 教科から
教科から
 生徒会から
生徒会から
 学校から
学校から
 今までの記事
今までの記事
 

日誌

校長室より
2018/05/28

生徒が所属する喜びを感じる学校づくりをめざして

| by 総務


 

生徒が所属する喜びを感じる学校づくりをめざして

~ 伊達緑丘高校は地域の未来に貢献する生徒を育成します ~


          北海道伊達緑丘高等学校長 桑 井 美 彦 

 
北海道伊達緑丘高等学校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 伊達市は、北海道内でも雪が少なく、四季を通じて気候が温暖なことから「北の湘南」と呼ばれています。
 そして、本校は、伊達市の東部・南稀府町のなだらかな土地の上に校舎があります。2階校門側校舎からは「日本の地質百選」に選定されている活火山の有珠山、昭和新山、そして遙か彼方に「日本百名山」に選定されている羊蹄山を一望することができます。また、グラウンド側校舎からは、内浦湾(噴火湾)と渡島半島の山々が見え、特に駒ヶ岳が一際その雄大な姿を見せています。
 本校は、昭和58年4月の開校以来、36年間の歴史と伝統を持つ地域に根ざした高校です。これまで5,200名ほどの生徒が本校を卒業し、地元伊達市内はもとより道内や国内外で活躍しています。
 また、本校の校訓は「創造 礼節 剛健」です。この校訓は、開校と同時に制定されました。
 この校訓は、学校教育目標にも生かされており、「創造」は、創造する力を伸ばし、進んで学ぼうとする態度を育てる。「礼節」は、礼節を重んじ、他を思いやる優しい心を育てる。「剛健」は、剛健な心身を培い、実行しようとする欲を育てる。の意味を持っています。
 生徒は、この校訓に志を抱き、伊達緑丘高校の生徒であることに誇りを持ちながら、将来の夢の実現に向けて、勉学と部活動の両立に励み友情を育むとともに、心と身体を鍛え、社会で立派に一人立ちする未来の自分の姿を描きながら、日々明るく生き生きとした高校生活を送っています。
 平成30年度は、4月9日の入学式で144名の新入生を加え、全校生徒407名でスタートしました。
 平成30年度学校経営方針の根幹となる<目指す学校贈>及び<育てたい生徒像>は、次のとおりです。

 <目指す学校像>
・西胆振の進学校として、家庭や地域の期待と信頼に応える学校
・地域社会に存在をアピールし貢献できる学校
・安全に配慮し生徒や教職員が安心して活動できる学校


<育てたい生徒像>
・自ら学力の向上を目指し仲間と共に意欲的に学ぶ生徒
・生き方や在り方を模索し自己実現を目指す生徒
・おもいやりの心と規範意識を身につけた良識ある生徒
・奉仕の精神を持ち自主的に社会の発展に貢献できる生徒
・心身ともに健康でこれからの社会を逞しく生きる生徒


 平成30年度も、保護者や地域の皆様から期待され信頼される学校づくりを目指し、生徒一人ひとりに寄り添ったきめ細かな指導を手掛けるとともに、地域の未来に貢献する生徒を育成するため、教育活動のより一層の充実に努めてまいりますので、今後とも本校へのご支援とご協力をよろしくお願いします。


14:53
 

学校通信

緑丘トピックスロゴ
 

教育課程研究指定校事業(地理歴史)

本校は平成28・29年度文部科学省国立教育
政策研究所「教育課程研究指定校事業(高等
学校・地理歴史科)」の研究指定校です。
※無断での転用・転載、データ等の使用を固く
禁じます。
【研究紀要】「地理歴史科における科目相互の
連携を図った授業実践の研究」

◆要旨・目次
◆本校の概要~第1章「研究課題の設定」
◆第2章「授業実践の研究」
◆第3章「地域の教育資源の活用」
◆第4章「研究結果の検証」

【平成29年度の取組】
◆実施計画書(継続)
◆年間指導計画
 ・「世界史A」単元構成モデル
 ・「日本史A」単元構成モデル
 ※適宜修正・変更しながら実践しています
◆地理歴史科・学習授業アンケート
  前期(6月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
  後期(12月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
◆研究協議会(9月12日実施)より
 ・実施要領
 ・研究授業「世界史A」
  → ・学習指導案  ・単元の指導評価計画
 ・研究授業「日本史A」
  → ・学習指導案  ・単元の指導評価計画
 ・提言資料
◆研究協議会(東京)
 ・パワーポイント発表資料
 ・追加資料(ワークシート・評価問題等)
   ・「世界史A」評価問題
   ・「日本史A」評価問題
   ・出題のねらいと正答率
◆実施報告書
【平成28年度の取組】
◆実施計画書(新規)
◆地理歴史科・学習授業アンケート
  前期(6月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
  後期(12月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
◆研究協議会(7月15日実施)より
 ・実施要領
 ・研究授業「世界史A」
 ・研究授業「日本史A」
 ・提言資料
◆「縄文遺跡体験学習」(10月17日)より
 実施要領
 事前講義「世界の中の縄文文化」
  伊達市噴火湾文化研究所 青野友哉 氏
 現地学習のようす~史跡北黄金貝塚~
◆「H28教科実践講座」(11月25日)より
 研究授業「世界史A」学習指導案
 実践紹介資料
 ・パワーポイント資料
◆研究協議会(東京)
 発表資料
◆中間報告書(PDF)

本校「世界史A」の授業実践が独立行政法人
教職員支援機構次世代型教育推進センター
のホームページで紹介されています
  ↓  クリックしてください   ↓
 

入学者選抜

平成31年度入学者選抜については、以下のリンクをクリックして下さい。

平成31年度入学者選抜学校裁量等.pdf
 

平成29年度全国大会出場

<陸上部 全国大会出場>
 3年 渡辺 希莉
 (ハンマー投げ・砲丸投2種目)
 

所在地


北海道伊達緑丘高等学校
〒059−0273
北海道伊達市南稀府町180番地4
TEL & FAX 0142-24-3021
E-mail : datemidorigaoka@hokkaido-c.ed.jp

 

カウンタ

COUNTER684319
since 2013年2月