トップページ
トップページ
 
 
今日の緑丘
今日の緑丘
 学校基本情報
学校基本情報
 学習
学習
 進路情報
進路情報
 行事予定
カレンダー
 部活動
部活動
 学年から
学年から
 事務室から
事務室から
 学校評価
学校評価
 フォトアルバム
フォトアルバム
 緑丘トピックス
緑丘トピックス
 教科から
教科から
 生徒会から
生徒会から
 学校から
学校から
 今までの記事
今までの記事
 

日誌

校長室から >> 記事詳細

2015/09/01

「武道の精神とは」~真を尽くす~

| by 管理者

 

   「武道の精神とは」~真を尽くす~

                                                      校長 鍵谷 好徳

  慶応義塾の福沢諭吉、同志社の新島 襄、麻布学園の江原素六とともに、明治の四大教育家として、攻玉社の創立者に幕末の志士であり、蘭学者の近藤真琴がいます。彼は若き時より、数学や航海術などに優れ、教育については、早くから「和魂漢洋才」の必要性をとなえておりました。近藤真琴の影響下には、後日、我が国屈指の進学校となる海城学園の創立者となる古賀喜三郎など有為な青年達が数多くおりました。攻玉社や海城学園に見られるように、教育の真髄とは、武道の精神と同じと言っても過言ではありません。
 教育評論家の二見喜章氏は、「いつの世も国の将来や品格は人の在り方できまるものである。」また、「人は主として家庭教育と学校教育によって創られ育まれる。わけても、学校教育の果たす役割は大きく、この機能無くしては社会にとって有能な人材を育てることができない。個々人が本来持っている資質や能力、感受性などは学校教育の場で開発されることが多く、この役割は家庭教育、社会教育をある意味でしのぐものである」と述べています。
 そうであれば学校教育と家庭とが協力関係を結べない状況があってはならない。大切な子どもをりっぱに成長させるために、両者は不足するところを互いに補完し合う関係であることを、あらためて認識します。
 人生で最も重要な時期を生きる高校時代は、人間修養の時期であって、この時期に出会う学校の教師、友人から人間形成に必要な栄養分の大半を吸収します。ゆえに校長以下、教師の情熱、意欲、愛情こそが不可欠です。私は教育の根本と、武道の精神には、共通性があると感じています。その武道の精神とは、「仁、儀、礼、忠、孝、勇、信」を柱とした心の教えです。

  「仁」則ち人への思いやり。  「義」則ち人の行うすじ道。

  「礼」則ち人への敬い。     「忠」則ち人へのまごころ。

  「孝」則ち親を含め人に尽くす。「勇」則ちくじけない強い心。

  「信」則ち人をあざむかず、陰口、中傷を嫌い、真を尽くす。

 要するに「人を裏切らず、礼儀正しく、最後までまごころ込めて、すじ道を通して生きていきなさい」と言うことです。この武道の心を生徒の諸君には身につけてほしいと願うばかりです。
 我々教師も「明師良友」という人の道の親兄弟を表す言葉があるとおり、大切な生徒諸君のために、自らの修養に努めると共に、良き教師となるために一層強く、決意しています。生徒諸君も自らの努力も求められます。さらに精進努力して、真を尽くす生き方ができるようにしてください。

 

 


12:57

新着情報

 

パブリックスペース

image002001.png07/18 09:28
image001001.png07/18 09:28
生徒向けの進学講演会が行われました。07/18 09:28
学校祭001.pdf07/05 08:37
学校祭.pdf07/05 08:36
保護者進路説明会が行われました。06/26 08:02
3年生が「企業説明会」に参加しました。06/22 08:29
吹奏楽局第33回定期演奏会を開催しました。06/18 15:01
sairyo19(date HPにも).pdf06/18 09:02
sairyo19(date HPにも).xlsx06/18 08:58
image007.jpg06/15 10:02
image006.jpg06/15 10:02
image005001.jpg06/15 10:02
image004001.jpg06/15 10:02
image003001.jpg06/15 10:02
image002001.jpg06/15 10:02
image001001.jpg06/15 10:02
1年生で「防災ワークショップ」を実施しました。06/12 16:29
1 go for it(4.9)HP用001.pdf06/12 15:59
image005.jpg06/12 15:18
image004.jpg06/12 15:18
3年生で、小論文模試を実施しました。06/12 15:18
image003.jpg06/12 15:17
image002.jpg06/12 15:17
image001.jpg06/12 15:17
図.png06/06 09:50
image007.png06/06 09:17
image006.png06/06 09:17
image005.png06/06 09:17
image004.png06/06 09:17
image003.png06/06 09:17
image002.png06/06 09:17
緑丘トピックス(第3号)を発行しました06/01 14:37
30年度第3号(6月1日)HP版.pdf06/01 14:33
1・2年生で「分野別進路説明会」を行いました06/01 09:18
image001.png05/28 16:39
校長先生の画像001.png05/28 15:42
校長先生の画像.png05/28 15:16
生徒が所属する喜びを感じる学校づくりをめざして05/28 14:53
H30ホームページ用校長挨拶文.pdf05/28 14:52
HP用 H29年度 合格状況(延べ人数)002.pdf05/16 08:29
過去5年間の進路状況(実人数)002.pdf05/16 08:27
過去5年間の進路状況(実人数)001.pdf05/01 10:39
HP用 H29年度 合格状況(延べ人数)001.pdf05/01 10:37
緑丘トピックス(第2号)を発行しました。05/01 09:44
30年度第2号(5月1日).pdf05/01 09:42
【伊達緑丘】評価問題の正答率・出題のねらい.pdf04/26 17:18
【伊達緑丘】世界史A評価問題.pdf04/26 17:16
【伊達緑丘】日本史A評価問題.pdf04/26 17:15
「【継続】H29報告書 公立1 北海道 北海道伊達緑丘...04/26 17:07
 

学校通信

緑丘トピックスロゴ
 

教育課程研究指定校事業(地理歴史)

本校は平成28・29年度文部科学省国立教育
政策研究所「教育課程研究指定校事業(高等
学校・地理歴史科)」の研究指定校です。
※無断での転用・転載、データ等の使用を固く
禁じます。
【研究紀要】「地理歴史科における科目相互の
連携を図った授業実践の研究」

◆要旨・目次
◆本校の概要~第1章「研究課題の設定」
◆第2章「授業実践の研究」
◆第3章「地域の教育資源の活用」
◆第4章「研究結果の検証」

【平成29年度の取組】
◆実施計画書(継続)
◆年間指導計画
 ・「世界史A」単元構成モデル
 ・「日本史A」単元構成モデル
 ※適宜修正・変更しながら実践しています
◆地理歴史科・学習授業アンケート
  前期(6月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
  後期(12月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
◆研究協議会(9月12日実施)より
 ・実施要領
 ・研究授業「世界史A」
  → ・学習指導案  ・単元の指導評価計画
 ・研究授業「日本史A」
  → ・学習指導案  ・単元の指導評価計画
 ・提言資料
◆研究協議会(東京)
 ・パワーポイント発表資料
 ・追加資料(ワークシート・評価問題等)
   ・「世界史A」評価問題
   ・「日本史A」評価問題
   ・出題のねらいと正答率
◆実施報告書
【平成28年度の取組】
◆実施計画書(新規)
◆地理歴史科・学習授業アンケート
  前期(6月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
  後期(12月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
◆研究協議会(7月15日実施)より
 ・実施要領
 ・研究授業「世界史A」
 ・研究授業「日本史A」
 ・提言資料
◆「縄文遺跡体験学習」(10月17日)より
 実施要領
 事前講義「世界の中の縄文文化」
  伊達市噴火湾文化研究所 青野友哉 氏
 現地学習のようす~史跡北黄金貝塚~
◆「H28教科実践講座」(11月25日)より
 研究授業「世界史A」学習指導案
 実践紹介資料
 ・パワーポイント資料
◆研究協議会(東京)
 発表資料
◆中間報告書(PDF)

本校「世界史A」の授業実践が独立行政法人
教職員支援機構次世代型教育推進センター
のホームページで紹介されています
  ↓  クリックしてください   ↓
 

入学者選抜

平成31年度入学者選抜については、以下のリンクをクリックして下さい。

平成31年度入学者選抜学校裁量等.pdf
 

平成29年度全国大会出場

<陸上部 全国大会出場>
 3年 渡辺 希莉
 (ハンマー投げ・砲丸投2種目)
 

所在地


北海道伊達緑丘高等学校
〒059−0273
北海道伊達市南稀府町180番地4
TEL & FAX 0142-24-3021
E-mail : datemidorigaoka@hokkaido-c.ed.jp

 

カウンタ

COUNTER660904
since 2013年2月