トップページ
トップページ
 校長室から
校長室から
 今日の緑丘
今日の緑丘
 学校基本情報
学校基本情報
 学習
学習
 進路情報
進路情報
 行事予定
カレンダー
 部活動
部活動
 学年から
学年から
 事務室から
事務室から
 学校評価
学校評価
 フォトアルバム
フォトアルバム
 緑丘トピックス
緑丘トピックス
 教科から
教科から
 生徒会から
生徒会から
 学校から
学校から
 今までの記事
今までの記事
 

日誌

校長室から >> 記事詳細

2015/11/06

「日本のまほろばを求めて」

| by 管理者

   「日本のまほろばを求めて」

     ~大和地方(奈良)・平安の都(京都)から、なにわ地方(大阪)まで巡った4泊5日の旅~

    校長 鍵 谷 好 徳

 現在、奈良県の大和地方は、神話のレベルですが神武天皇の都として、日本発祥の地として考えられています。また「日本」という国号が定められる前、「ヤマト」が国全体を表す言葉として使われておりました。(現在の「日本」という国の呼び名は、701年大宝律令が完成して大和朝廷を中心とした国家ができ、このときに「日本」という国の呼び名が法的に確定されました。)

 第12代景行天皇紀には、「大和は日本のまほろば」とあります。(「まほろば」とは優れた、良いところ、良い国を意味する古語)「ヤマト」に「大和」の字をあてたのは、国の理想が「和」であり、このことに大いに優れているという意味の「大」をつけ、「大和」と名付けたと言われています。「和」とは聖徳太子の十七条憲法の「和をもって貴しとなす」と定められていたように、「和」は日本精神の基本であり、穏やかを意味し、調和、平和、穏和などと表現され、さらに、日常私たちは、和室、和食、和服など「和」を日本を示す代名詞として、今は自然に使っています。

 さて、今回の見学旅行では、東大寺などの大和地方、そして中国の都長安を模した京都、豊臣政権の中心地大阪などの歴史や文化、そしてそこに住む人々から何を学び、何を感じるかなども目的の一つです。本居宣長は「大和心はなにか」と問われ、「敷島の大和心を人問えば、朝日ににおう山桜花」と答え、平和で静かであり、雅やかな民族性を詠いあげております。見学旅行団の生徒諸君は、「大和の心」を感じることができましたか。また商人が活躍した大阪地方で何を感じましたか。

 さらに、大和地方と京の都における隠された歴史の悲しみや苦しみを学ぶことができましたか。昔、奈良の都ではお坊さんはエリート階級で華やかな文化の中に豊かな暮らしをしていたと思われがちですが、その実、大多数のお坊さんは、法衣がたった一枚しかなくそれが盗まれ、盗難休暇を出したり、洗濯休暇を願い出たりしておりました。東大寺でも写字生などは給料があまりにも低く、衣をもう一枚ほしいとか食物を要求している古文書の原案が正倉院に残っているようです。貧しく貧富の格差が激しい社会であったようです。私たちは一見平穏で華やかな天平文化を支えた社会の底辺には、風紀も乱れ、現在よりも貧困にうめく多数の民衆の悲しみや苦しみも学び取る必要があります。

 加えて、青丹よしの美しい都である平城京や、伝統を誇る平安の都には悲しい歴史があります。日本語には死者を「葬」(ホオムル)と言う字は「放る」(ホオル)から出る言葉ですが、平安末期では都の路傍に多くの死体が放棄され、ところによっては、江戸時代まで続いた歴史をもちます。明治政府が遺体の地上放棄を禁じたため、さすがになくなりましたが、それらのことが、「飢餓草神」にリアルに描かれています。奈良の春日山の東裏の谷間、京都の清水寺の舞台から見下ろす音無川の谷間なども、今は若者に人気のある散策の道ですが、昔は死者を捨てにいく悲しみの道でした。歴史への「旅」とは本来そのような古人の生き様とあわせて死に様をも、私たちに伝えてくれる手引き書であります。歴史の表裏を知ることは、物事を正しく理解するためには大切です。私自身、幾度も奈良、京の都を訪れておりますが、毎回違う発見や感動とともに、今年も古人の悲しみや苦労を感じ取ることができました。

 高校という人間形成の上で重要な時期に、自らの国の風土や古人の築いた歴史の恩恵を感じると同時に、その「苦労を理解し無駄にしない心」と様々な人々や物事への「感謝の心」を育てることが、旅の魅力であり、旅行とはそのようなところに多くの価値があるのかもしれません。旅行中の生徒諸君の楽しそうな笑顔とともに、時には真剣な表情で見学している諸君のような高校生の姿を古人が見たらきっと喜んだと思います。その意味で今回は本当に楽しく意義のある旅となると共に、生徒諸君の中にしっかりと、「国のまほろば」を強く感じる旅になったと思います。


 


07:20

新着情報

 

パブリックスペース

先に生まれた「僕」の言葉12/13 10:47
「ピア・サポート研修会」を行いました12/12 21:49
「カリキュラム・マネジメント」に係る校内研修会を行いました12/08 17:22
高大接続改革に係る校内研修会を行いました12/08 17:19
サッカー部がフットサル地区予選4連覇!12/05 17:24
緑丘トピックス(第4号)を発行しました11/30 07:49
緑丘トピックス(第4号・11月末).pdf11/30 07:48
本校生徒が自治会のイベントにボランティアで参加しました11/27 20:24
学習発表会保護者案内文書.pdf11/26 13:24
インタビュー記事.pdf11/25 10:20
インタビュー記事.pdf11/25 09:26
インタビューに行ってきました!!11/25 09:18
公開授業週間を行いました11/24 14:00
見学旅行の研修報告(2年)を行いました11/24 13:44
インターンシップ(2年)を行いました11/24 13:13
北海道サッカー協会主催の選抜合宿に本校生徒が参加しました11/20 14:58
PTA研修旅行を行いました11/13 17:33
見学旅行団が無事到着しました11/09 18:54
見学旅行団4日目11/09 12:52
見学旅行団3日目11/08 11:33
 見学旅行団2日目11/07 10:58
見学旅行団が出発いたしました!11/06 12:47
見学旅行結団式を行いました11/05 07:16
生徒会役員選挙を行いました10/29 12:07
4 go for it(10.28) HP用.pdf10/26 20:53
サッカー部が選手権全道大会に出場しました10/24 10:37
宿泊研修に行ってきました10/20 14:04
H30 道外からの受験・転校リーフレット.pdf10/18 13:26
H30 海外からの受験リーフレット.pdf10/18 13:26
宿泊研修に出発!10/12 12:35
教科指導講座(道南ブロック外国語)が行われました10/11 19:36
高大連携出前授業を行いました10/11 18:55
秋季避難訓練を行いました10/06 20:26
思春期講演会(いのちの講話)を行いました10/06 19:09
後期始業式を行いました10/06 18:48
前期アンケート.pdf09/30 19:56
後期アンケート.pdf09/30 19:56
様式3-1【新規】研究課題1 高等学校 (1).pdf09/30 19:49
【伊達緑丘】教科実践講座.pdf09/30 19:41
【伊達緑丘】教科実践講座(パワポ).pdf09/30 19:41
【伊達緑丘】「日本史A」の単元構成モデル.pdf09/30 19:11
【伊達緑丘】「世界史A」の単元構成モデル.pdf09/30 19:11
【伊達緑丘】研究協議会「追加資料」※アンケート結果.pdf09/30 19:05
【伊達緑丘】研究協議会(資料).pdf09/30 19:00
教科実践講座「世界史A」学習指導案.pdf09/30 18:59
【伊達緑丘】教育課程教育指定校事業に係る研究協議会(実...09/30 18:50
【継続】1 北海道 伊達緑丘高校 公 29計画書.pdf09/30 18:46
2017授業アンケート(問題用紙).pdf09/30 18:41
17授業アンケート結果(前期).pdf09/30 18:41
体育大会を実施しました09/30 11:38
 

学校通信

緑丘トピックスロゴ
 

教育課程研究指定校事業(地理歴史)

本校は平成28・29年度文部科学省国立教育
政策研究所「教育課程研究指定校事業(高等
学校・地理歴史科)」の研究指定校です。
※無断での転用・転載、データ等の使用を固く
禁じます。
【平成29年度の取組】
◆実施計画書(継続)
◆年間指導計画
 ・「世界史A」単元構成モデル
 ・「日本史A」単元構成モデル
 ※適宜修正・変更しながら実践しています
◆地理歴史科・学習授業アンケート
  前期(6月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
◆研究協議会(9月12日実施)より
 ・実施要領
 ・研究授業「世界史A」
  → ・学習指導案  ・単元の指導評価計画
 ・研究授業「日本史A」
  → ・学習指導案  ・単元の指導評価計画
 ・提言資料
【平成28年度の取組】
◆実施計画書(新規)
◆地理歴史科・学習授業アンケート
  前期(6月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
  後期(12月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
◆研究協議会(7月15日実施)より
 ・実施要領
 ・研究授業「世界史A」
 ・研究授業「日本史A」
 ・提言資料
◆「縄文遺跡体験学習」(10月17日)より
 ・実施要領
 ・事前講義「世界の中の縄文文化」
  伊達市噴火湾文化研究所 青野友哉 氏
 ・現地学習のようす~史跡北黄金貝塚~
◆「H28教科実践講座」(11月25日)より
 ・研究授業「世界史A」学習指導案
 ・実践紹介資料
 ・パワーポイント資料
◆研究協議会(東京)
 ・発表資料
◆中間報告書(PDF)
 

入学者選抜

平成30年度入学者選抜については、以下のリンクをクリックして下さい。

平成30年度入学者選抜学校裁量等.pdf
 

平成29年度全国大会出場

<陸上部 全国大会出場>
 3年 渡辺 希莉
 (ハンマー投げ・砲丸投2種目)
 

所在地


北海道伊達緑丘高等学校
〒059−0273
北海道伊達市南稀府町180番地4
TEL & FAX 0142-24-3021
E-mail : datemidorigaoka@hokkaido-c.ed.jp

 

カウンタ

COUNTER601502
since 2013年2月