トップページ
トップページ
 校長室から
校長室から
 今日の緑丘
今日の緑丘
 学校基本情報
学校基本情報
 学習
学習
 進路情報
進路情報
 行事予定
カレンダー
 部活動
部活動
 学年から
学年から
 事務室から
事務室から
 学校評価
学校評価
 フォトアルバム
フォトアルバム
 緑丘トピックス
緑丘トピックス
 教科から
教科から
 生徒会から
生徒会から
 学校から
学校から
 今までの記事
今までの記事
 

校長室から



北海道伊達緑丘高等学校長
     吉 瀬   献 策
 

日誌

2017年度校長室から >> 記事詳細

2016/12/20

師走におもうこと

| by 学校長
   このところの教育に関する法制化の動きが気になります。背景には、複雑化・深刻化する学校現場の状況を踏まえその対応策として、学校教育制度の多様化、弾力化の推進に向けた法制化の取組があるのですが、それを実際に運用する当事者としては実感が湧かないしイメージがつきません。
   いわゆる「いじめ防止法」も施行から3年が過ぎ、予防に向けた生徒動静の把握や面談、アンケートの実施やネットパトロール等の日常的な取組はもとより、各種講演会等の根絶に向けた啓蒙活動を実施していますが未だ関連事案のニュースを目にしない日はありません。そもそも人の心の問題であるかぎりいくら法制化しても、その法を運用するのも人であり人力なしには解決し得ず追いつきません。
   最近では、「障害者差別解消法」の施行を踏まえた学校現場での教育。今月の上旬には、「教育機会確保法」が参議院の本会議を可決。これをしたためている今日は、文科省から、特別支援教育の推進に関連して、学校教育法施行規則の一部を改正する省令の公布についての通知がきました。主な内容は、高等学校における通級による指導の制度化と障害に応じた特別指導の内容の趣旨の明確化です。矢継ぎ早ですが、残念ながら、現況の学校の対応力の限界は否めません。インクルーシブ教育に関して、もとより専門的なスキルや経験値のない我々での教育は不十分で専門的なスタッフも配置されていません。当該生徒には申し訳ないです。
  過重労働に係り時間外勤務についても、近いうちにこれを取り締まる法案が提出されるでしょう。そうなると、高校では、部活動や放課後の補習・講習はできません。それでなくても、時間外勤務を承知の上で、生徒のためと無償の時間外労働も厭わずそれを良しとする学校風土に勤務する認識の上に成り立っている日本の公教育です。
  大好きな寅さんから、「校長がそれを言っちゃーおしめいよー」と一喝されそうですが、そろそろ皆で、目を背けたり嘘嘘しい言い訳やポーズは止めにして、国家百年の計の教育の在り方について真剣に向き合っていきませんか?


 
12:51
 

学校通信

緑丘トピックスロゴ
 

教育課程研究指定校事業(地理歴史)

本校は平成28・29年度文部科学省国立教育
政策研究所「教育課程研究指定校事業(高等
学校・地理歴史科)」の研究指定校です。
※無断での転用・転載、データ等の使用を固く
禁じます。
【平成29年度の取組】
◆実施計画書(継続)
◆年間指導計画
 ・「世界史A」単元構成モデル
 ・「日本史A」単元構成モデル
 ※適宜修正・変更しながら実践しています
◆地理歴史科・学習授業アンケート
  前期(6月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
◆研究協議会(9月12日実施)より
 ・実施要領
 ・研究授業「世界史A」
  → ・学習指導案  ・単元の指導評価計画
 ・研究授業「日本史A」
  → ・学習指導案  ・単元の指導評価計画
 ・提言資料
【平成28年度の取組】
◆実施計画書(新規)
◆地理歴史科・学習授業アンケート
  前期(6月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
  後期(12月)実施分
  → ・質問用紙  ・アンケート結果(冊子)
◆研究協議会(7月15日実施)より
 ・実施要領
 ・研究授業「世界史A」
 ・研究授業「日本史A」
 ・提言資料
◆「縄文遺跡体験学習」(10月17日)より
 ・実施要領
 ・事前講義「世界の中の縄文文化」
  伊達市噴火湾文化研究所 青野友哉 氏
 ・現地学習のようす~史跡北黄金貝塚~
◆「H28教科実践講座」(11月25日)より
 ・研究授業「世界史A」学習指導案
 ・実践紹介資料
 ・パワーポイント資料
◆研究協議会(東京)
 ・発表資料
◆中間報告書(PDF)
 

入学者選抜

平成30年度入学者選抜については、以下のリンクをクリックして下さい。

平成30年度入学者選抜学校裁量等.pdf
 

平成29年度全国大会出場

<陸上部 全国大会出場>
 3年 渡辺 希莉
 (ハンマー投げ・砲丸投2種目)
 

所在地


北海道伊達緑丘高等学校
〒059−0273
北海道伊達市南稀府町180番地4
TEL & FAX 0142-24-3021
E-mail : datemidorigaoka@hokkaido-c.ed.jp

 

カウンタ

COUNTER602125
since 2013年2月